リトミックってなあに

 

 リトミックってなあに?



 「リトミックとは」簡単にひとことで言うと、「音楽すること」です。

 リトミックは、スイスの音楽教育家・作曲家であったエミール・ジャック=ダルクローズ(1865-1950)が、20世紀の初頭に開発した音楽と動きを融合した音楽教育法です。

 ジャック=ダルクローズは、音楽の先生でもあったわけですが、その音楽学生の授業をしている時、楽譜を読んで演奏することはできても、音楽を感じたり表現することが十分できていない事に気がつきました。そこで、リトミックのレッスンで、心の集中を高めて、自分で自分のからだをコントロールし頭で考えたことを上手に行動に移せるようにすることを考えたのです。
 つまり、右脳と左脳の連結をうまくできるようにする教育、心と体を融合させる教育です。


 簡単に、リトミックを説明することはとても難しいことですあえてひとことでいうならば。
ひとつのコップを子どもにたとえると、コップに注ぐ教育ではなく、そのコップ自体を大きくしてあげる教育です。知識を詰め込む教育ではありません。幼児期に大切なのは、なんでしょう。

 リトミックは、音楽能力の基礎知識を養うには最高の教育。でも、本来のリトミックの目的は豊かな人間教育です。


お母さんもお子さんといっしょにリズムを感じ、表現する楽しさをいっしょに味わいましょう。
 お母さんが、一番の先生ですから。

 



 



 

リトミックをもっと詳しく

コラム

 

 

 

 



リトミック研究センター









リトミックの本